High Quality

優れた性能と
品質

高気密・高断熱・換気性能を
追究したハイスペック省エネ住宅

High spec energy saving house

「高気密」 C値0.5以下
全棟気密測定実施

Highly airtight

airtight

隙間を少なくし熱損失を抑える

隙間を少なくして熱損失を極めて小さく抑えた(家内外の空気の出入りを少なくした)のが高気密の家。その性能を数値で示したのがC値(=床面積1m2当たりの隙間面積)で、ゼロに近づくほど「高気密な住まい」となります。
福山建築のC値の標準は、これまでの日本の基準C値5.0をはるかに超える、C値0.5(cm2 / m2)以下を標準値として設計しています。 この数値はNE-STのC値1.0以下よりも低い数値となっています。 気密は現場の職人が丁寧に施工することで作り出す性能です。福山建築では全棟の気密測定を実施しています。

部屋の中が常に
適温に保たれる「高断熱」

High insulation

insulation

夏涼しく冬暖かい家

高断熱とは、熱エネルギーの行き来が少なくなった状態です。それにより冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く環境への負荷も少ない住宅と言われています。 住宅の断熱性は「UA値」という指標で表され、数値はゼロに近づくほど「熱を通さない高断熱な住まい」といえます。 高断熱にこだわる福山建築は、国の省エネ基準値をはるかに凌駕するUa値0.34以下、T-G2以上の断熱性能を標準としています。まさに高性能住宅と呼ぶにふさわしい「夏涼しく冬暖かい家」を実現しています。

結露を防ぐ

prevent condensation

condensation

結露対策

木は耐久性に優れた建築材料ですが、その特性を損なう原因の一つが「結露」。結露は物質の表面や内部で空気中の水蒸気が凝縮する現象のことで、「表面結露」と「内部結露」に分類されます。 壁や窓などの表面で発生するのが表面結露で、カビやダニの発生原因にもなって住む人の健康状態に影響します。 一方、壁の内部に発生するのが壁体内結露(内部結露)です。 この柱梁に着いた湿気が腐朽菌の温床となり構造躯体を腐らせてしまい、耐震性や耐久性を落としてしまいます。 この2つの結露を防ぐには断熱・気密・換気に配慮しなくてはなりません。 福山建築では正しい断熱と気密、そして床下や小屋裏までの計画換気を行うことで結露対策を実行しています。

安心して住める構造設計

Structural design

許容応力度計算を実施した
耐震等級3

Seismic grade 3

structure

許容応力度計算を用いた構造設計

構造設計とは、建築物の設計にあたって、構造計画および構造計算に基づいて、建物の構造について設計を行うことです。 構造計画は、地盤や地震・風などの外力を考慮し、建築物の目的・用途、施工性、経済性、デザインなど建築物全般を踏まえながら、建築物の骨組みや構造材、基礎構造などを計画します。 構造計算は、計画した構造の安全性をさまざまな面からチェックします。柱や梁、床、壁などが地震や風などの外力に対して十分な応力を有するか、構造上主要な部分に十分な剛性があるか、構造部材が耐久性を有するかなど、構造を解析し構造図を作成します。 福山建築では許容応力度計算を行い建築物の安全性を確認しています。

S grade

基準を超える耐震等級3

耐震等級3を標準仕様としているのにはワケがあります。長期優良住宅は耐震等級2で取得可能です。 なぜ長期優良住宅の基準を超える耐震強度で建てる必要があるのでしょうか?それは、熊本の大震災のように震度6級の地震が連続して起きるという観測史上、経験の無い地震が起きているからです。 また、本来4号特例によって、木造戸建て住宅などは許容応力度計算は必須となっていません。しかし、福山建築では、許容応力度計算を必須としています。 それにより確実な安全性を実現しています。

立体解析

3D analysis

simulation

立体解析とは

さらに私たちは構造計算の手法のうち、より精度が高いとされる「三次元立体解析」という手法を用いて「耐震等級3以上」を担保します。 形・大きさ・材料が違う建物が地震や風でどのように揺れるか、部材一つ一つにかかる力をシミュレーションし、安全性が担保できるまで分析・検討を重ねます。 福山建築ではお客様ごとに立体解析を行なっています。

BELSとZEH

Energy saving standard

BELSとは

Residential fuel efficiency

BELS

省エネ性能を評価する国の制度

2016年4月1日から建築物省エネ法に基づく「建築物省エネルギー性能表示制度」がスタートしました。
それが別名「BELS」(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)で、省エネ性能が高い建物や省エネに積極的に取り組む企業を評価・表示することを目的としています。なお、BELSは、ミシュランのように星の数で省エネ性能を表し、5つ星が最高評価となります。 なお、国の省エネ基準と同等の性能を達している場合は二つ星で評価が表され、それより★の数が多くなるほど高評価、一つ星では国の省エネ基準を満たしていないことになります。

福山建築のBELS工務店としての実績と計画

福山建設で手がけた新築一戸建て(注文住宅)
すべてがBELS基準を満たしています。

年度 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
計画(BELS取得割合) 100% 100% 100% 100% 100%
実績(住宅年度完工棟数) 15 10 16 13 20
実績(BELS取得住宅戸数) 15 10 16 13 20
実績(BELS取得割合) 100% 100% 100% 100% 100%

ZEHとは

Zero Energy House

ZEH

年間の一次消費エネルギーを
実質ゼロにする住宅

「ZEH」(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、建物の断熱性・省エネ性能を上げることに加え、太陽光発電などでエネルギーをつくり出すことで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指しています。 使うエネルギーを省エネと創エネで相殺する家とも言えます。

福山建築のZEH普及目標値

福山建築では2020年に新築・注文住宅の70%を
ZEH仕様とする目標を立てていましたが、
2016年度・2017年度・2019年度には
すでに達成済みとなっています。

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2025年
目標 41% 50% 58% 64% 70% 80% 90%
実績 77% 74% 60% 75% 85% 85% -

Start your health
from home

健康を家づくりから始める

とっとりから生まれた健康住宅NE-ST。
その目的は高断熱・高機密な新築住宅の基準を設け、健康になる家づくりを促進する事です。
助成金制度もあり、お得に高断熱で高機密な住宅を手に入れ、健康促進も期待できるという鳥取県民にとっては必ず知っておいて欲しい制度です。
NE-STのご利用を検討の方は県登録事業者である福山建設までご相談ください。
今ある家の改修を検討中の方はRe NE-STのご相談も承っております。

福山建築の家づくり

How to building a house

New House Tour

完成見学会

   2/25㈯.26㈰3/4㈯.5㈰

”居心地がいい”を体感する住まい

Free Meeting

無料相談会開催中

家づくりのプロが家づくりのさまざまな不安や疑問に豊富な資料を用いて丁寧にお答えします。小さな子供がいるので出かけにくい、弊社のショールームまで遠いなど、ご自宅でゆっくりとご家族も同席で面談したい方にはオンライン個別相談も併催しています。お気軽にご相談ください。

House Seminar

はじめての家づくりセミナー

契約前にちょっとした知識を身につけておくだけで何百万円の差が生まれることもあります。人生の一大イベントの家づくりで後悔しないために、家づくりに必要な知識を得ていただけます。参加費無料。