Financial

資金計画

将来を見据えた住宅資金計画

Housing financial plan

Life Plan

最初にするべきことは資金計画

理想のマイホームを建てた後の生活を夢に描くとワクワクしませんか?そんなステキな夢を叶えたいと思いませんか? 夢は見るだけじゃなく、叶えるもの。理想のマイホームでの生活を描いたら、その夢を叶えることができるのか知るために、最初にするべきことは資金計画です。 知識を十分に知らないまま物件見学をして、「あっ、夢が叶うから家づくりを進めてしまえ!」と勢いに乗ってしまった場合、本来の予算以上の住宅を購入することになるケースがよくあります。特に不動産屋さんや大手の住宅会社は、皆さんの夢を膨らませることが得意だったりします。そこで、夢が膨らみすぎて、自分の予算に合わない家を建ててしまうと・・・多くの場合、旅行も我慢、食事も我慢、ガマンガマンとなってしまうことも少なくありません。 福山建築では、お客さまが”自分の生活にあった最適な家づくり”ができるように、様々なパターンを想定したFPシミュレーションを通じて、将来の安心した生活を考えてマイホームの夢を叶えるお手伝いをしています。勉強会やセミナーなどというと敬遠される方もいらっしゃいますが、家づくりは人生に一度あるかないかの大切なこと。資金計画で後悔しないために、きちんとポイントを学んで、ぜひ理想のマイホームを実現して頂きたいと願っています。まずはお気軽に無料個別相談にお申し込みください。

資金計画をどう立てるか

How to make a financial plan

Value

マイホームの本当の値段

みなさんはマイホームの本当の値段をご存じですか?実は「物件の価格=家を買うのに必要な金額」ではありません。実際にマイホームを購入するときには、住宅ローンを借り入れる方が大多数だと思います。つまり、人生最大の買い物は、正確にいうなら「マイホーム」ではなく「住宅ローン」といえるでしょう。そして、住宅ローンの賢い選び方や返済方法を知っているだけで、支払額に数百万円もの違いが生まれます。例えば3000万円の住宅ローンを借り入れたとき、諸条件によって総返済額が5000万円になる人もいれば、4600万円になる人も、あるいは4200万円になる人もいます。このように、ローンの組み方を工夫することで、もう一回り大きな家を購入できる可能性だってあるのです。家づくりを検討する際、住宅ローンの借り方や返し方までしっかり理解しておくことが大切です。

トータルで考えましょう

Thinking in total

Balance

住宅・教育・老後のバランス

建物や土地の予算を決める前に、絶対に欠かせないことがあります。それは、将来を見据えたしっかりした資金計画を立てること。単純に現在の年収や支出から予算を考えるだけでは、完成後にいざ生活を始めてから「生活が苦しい…」なんてことにもなりかねません。特に人生の3大支出といわれる「住宅」「教育」「老後」の3つを、トータルで考えることが大切です。住宅ローンはもちろん、将来の子どもの教育費や、老後に必要な費用も視野に入れた堅実な資金計画を立てましょう。「もしこの先、給料が思うように上がらなかったら?」「もし共働きができなくなったら?」「もし子どもが私立の学校に通うようになったら?」「もし老後の医療費負担が増えたら?」など、人生におけるさまざまな“もし”を想定しておく必要があります。 福山建築では、お客さまが“自分の生活にあった最適な家づくり”ができるよう、シミュレーションを通じてさまざまな疑問にお答えしています。お気軽に無料個別相談にお申し込み下さい。

福山建築の家づくり

How to building a house

New House Tour

完成見学会

   2/25㈯.26㈰3/4㈯.5㈰

”居心地がいい”を体感する住まい

Free Meeting

無料相談会開催中

家づくりのプロが家づくりのさまざまな不安や疑問に豊富な資料を用いて丁寧にお答えします。小さな子供がいるので出かけにくい、弊社のショールームまで遠いなど、ご自宅でゆっくりとご家族も同席で面談したい方にはオンライン個別相談も併催しています。お気軽にご相談ください。

House Seminar

はじめての家づくりセミナー

契約前にちょっとした知識を身につけておくだけで何百万円の差が生まれることもあります。人生の一大イベントの家づくりで後悔しないために、家づくりに必要な知識を得ていただけます。参加費無料。