Column

;

スッキリした家を実現するポイントと習慣とは?収納スペースの活用方法

2024/6/17

スッキリした家を実現するポイントと習慣とは?収納スペースの活用方法

「スッキリとした美しい家」は、誰もが憧れる理想の空間ですよね。

しかし、実際には、生活していく中でどうしても物が溜まってしまい、気がつけば部屋が散らかってしまうことも少なくありません。
「収納方法がわからない」「収納スペースが足りない」など、スッキリとした美しい家を維持するのに苦労している方もいるかもしれません。

この記事では、効果的な収納術やスッキリとした空間を維持するための習慣、新築住宅における収納スペースの活用方法など、家を美しく、そして快適に保つためのヒントをご紹介します。


【スッキリした家に見せるコツとは?】

スッキリとした美しい家は、ただ単に物が少ない家ではありません。
家具の配置や高さを工夫し、床や壁が多く見えるようにすることで、部屋は広々とし、スッキリした印象を与えられます。


1:平面を沢山見せる

床に直置きしている棚やテーブルを減らし、棚の高さを低くすることで、床や壁が見えている部分が増えます。
例えば、床置きしている本棚を壁際に置き、その上に観葉植物を置くなど、視覚的にスッキリとした印象を与える工夫をしてみましょう。

2:見えている色味が少ない

家具の色味がバラバラだと、部屋がごちゃごちゃして見えてしまいます。
統一感のある色合いの家具を選ぶように心がけましょう。
また、オープン収納は、物が丸見えになり散らかって見えるため、インテリア初心者には難易度が高い収納方法です。
どうしてもオープン収納を利用したい場合は、収納ボックスやケースを活用して、中身が見えないように工夫しましょう。

3:配線を見せない

配線コードは、部屋の生活感を増してしまう原因の一つです。
コードを束ねたり、配線カバーを使用したりするなど、工夫して配線が目立たないようにしましょう。
また、コードレス家電の導入も有効です。


【日常のすっきり習慣とは?掃除と整理のポイント】

スッキリとした美しい家を維持するためには、日々の掃除と整理が欠かせません。


1:こまめな掃除

こまめな掃除をすることで、汚れが溜まるのを防ぎ、常に清潔な状態を保てます。
掃除機をかける、床を拭く、テーブルを拭くなど、毎日できる範囲で掃除をする習慣をつけましょう。

2:床置きをしない

床置きは、部屋が散らかって見えるだけでなく、掃除の妨げにもなります。
カバンや靴、荷物などは、収納場所にしまうように心がけましょう。

3:ポイ置きをしない

ポイ置きは、部屋の見た目を悪くするだけでなく、物が紛失しやすくなる原因にもなります。
一時的に置く場合は、定位置を決めて置くようにしましょう。

4:収納グッズは最小限にする

収納グッズは、必要以上に買いすぎると、逆に収納スペースを圧迫してしまいます。
本当に必要なものだけを厳選して購入しましょう。

5:ものは必要になったときに買う

「いつか使うかもしれない」という理由で、不要なものを買い込んでしまうことは避けましょう。
本当に必要なものだけを購入することで、物の増加を抑え、スッキリとした状態を保てます。


【新築住宅でのおすすめ収納スペース活用法】

新築住宅を建てる際は、収納スペースの設計にもこだわりたいところです。
効率的かつスタイリッシュな収納スペースのアイデアをご紹介します。


1:シューズインクローゼット

玄関土間と連結した収納スペースで、靴だけでなく、アウトドア用品や子どもの遊具なども収納できます。
汚れや花粉などを室内に持ち込みたくない方や、来客時に玄関をスッキリと保ちたい方におすすめです。

2:ファミリークローゼット

各部屋にクローゼットを設けるのではなく、一箇所にまとめて洋服を収納するスペースです。
洋服をしまう手間が大幅に減り、家事の負担を軽減できます。

3:パントリー

食糧庫としてだけでなく、冷蔵庫をはじめとしたキッチン家電も収納できます。
生活感のないスタイリッシュなキッチンを実現できます。

4:オープン棚・ニッチ

お気に入りのアイテムを見せながら収納したい方におすすめです。
オープン棚は、シンプルなデザインで、さまざまな場所に設置できます。
ニッチは、壁の一部を凹ませて収納スペースにする方法で、スペースを有効活用できます。

5:床下収納庫

床下は、温度が安定しているため、食料の備蓄に適しています。
かさばる食料を収納するのに最適です。

6:家事室・ランドリールーム

家事や洗濯を集中して行えるスペースです。
収納スペースも確保できるので、タオルや洗濯用品などをスッキリと収納できます。

7:階段下収納

階段下は、デッドスペースになりがちですが、収納スペースとして活用できます。
収納ボックスを置くことで、さまざまなものを収納できます。


【まとめ】

スッキリとした美しい家は、収納方法や掃除、整理の習慣、そして収納スペースの設計によって実現できます。
この記事で紹介した方法を参考に、快適で美しい住空間を実現してください。

当社は、家族が安心して健康で快適に暮らせる家づくりやお客様に「家を建ててよかった」という生涯後悔しない家づくりを行っています。
家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までご相談ください。

«

Other column

家づくりで後悔しないための具体的な対策と考慮すべきポイント

2024/7/8

注文住宅における人気オプションと後悔しないためのポイントとは?

2024/7/4

四角い家の外観の魅力とスタイリッシュに見せるデザイン術

2024/6/29

パントリー間取りの失敗を避ける!効率的な収納設計のポイント

2024/6/25

庭をすっきり保つための手順とコツとは?基本から雑草対策まで

2024/6/21

スッキリした家を実現するポイントと習慣とは?収納スペースの活用方法

2024/6/17

Event

イベント

福山建築ではこれから家を建てようとしている人、
リフォームしようとしている人に向けて様々なイベントを行っています。

イベント情報一覧

完成見学会: 【7月】完成見学会 in 鳥取市国府町宮下

Days

【2日間限定開催】7/27(土)・7/28(日)

10:00~18:00

Place

鳥取県鳥取市国府町宮下
※上記に記載している地図を参考にご来場ください
※ご予約頂いた方のみ、詳しい住所をメールにてお知らせいたします

Reserve

予約制 ※ご予約なしでの見学も可能ですが、ご案内はご予約の方優先のため入場制限をさせて頂く場合がございます。

Free Meeting

無料相談会開催中

家づくりのプロが家づくりのさまざまな不安や疑問に豊富な資料を用いて丁寧にお答えします。小さな子供がいるので出かけにくい、弊社のショールームまで遠いなど、ご自宅でゆっくりとご家族も同席で面談したい方にはオンライン個別相談も併催しています。お気軽にご相談ください。

Reform

リフォームの相談も受付中

光熱費の高騰をなんとかしたい、夏は暑く冬は寒い、エアコンの効きが悪い、家族構成が変わり間取りを変更したい、お風呂やキッチンなど水回りを新しくしたい・・など、現在の住まいでお困りのことはありませんか?福山建築では、リフォームの相談も受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。