Blog

【住宅コラム】平屋を選択するメリットデメリット

2023/11/8

【住宅コラム】平屋を選択するメリットデメリット


新築住宅を建てる際に、どのような間取りやデザインを選ぶかは非常に重要です。
その中でも、平屋の住宅を選ぶことは、多くのメリットとデメリットがあります。

本記事では、平屋の住宅のメリットデメリットを分かりやすく解説します。
ぜひみなさんの家づくりの参考にして頂けたら幸いです。

そもそも平屋とは・・?

平屋とは、一階建ての住宅のことです。
一階にすべての生活スペースが配置されているのが特徴です。



平屋のメリット9つ



1.アクセシビリティと利便性


平屋は階段を必要としないため、高齢者や身体障害者にとって非常に利便性が高い住宅の形態です。
また、ベビーカーや車椅子の使用もスムーズです。
これにより、家族全員が快適に暮らせる環境が実現できます。


2.家族のコミュニケーション

平屋は生活スペースが一つの階にまとまっており、リビングルーム、キッチン、ダイニングルームなどが一つの広い空間に配置されているため、家族が集まりやすく、会話や交流が促進されます。
家族のコミュニケーションが容易で、家族の絆を深めてくれます。


3.エネルギー効率

平屋は、一つの階にすべての生活スペースが収まっているため、エネルギー効率が高く、暖房や冷房の効率が向上し、エネルギーコストを節約することができます。
また、屋根の面積が大きくなるため、太陽光パネルも余裕をもった容量の設置が可能です。


4.デザインの自由度

平屋のデザインは多様で、様々なスタイルに合わせることができます。
伝統的な一階建ての家から、モダンなデザインまで幅広い選択肢があります。
また、庭や外部エリアとの調和も取りやすいため、美しい住環境を作り出すことができます。


5.メンテナンスの容易さ

平屋は屋根の高さが低いため、屋根のメンテナンスや修理が簡単です。
屋根にアクセスしやすいため、雨漏りや瓦の交換などの作業がスムーズに行えます。
また、外壁の塗り替えや窓ガラスの清掃も容易です。


6.地域の気候に適した選択

地域の気候に合わせて住宅を建てることは重要です。
寒冷地域では、平屋は暖房の効率が高いため適しています。
一方、暑い地域では、平屋に適切な通風や遮熱対策を施すことで、快適な居住環境を維持できます。


7.バリアフリーな住環境

平屋の住宅は段差が少ないため、バリアフリーな住環境を実現しやすいです。
車椅子を利用する方や高齢者にとって、安心して自宅内を移動できる環境が実現されます。
将来的な生活を考慮した選択と言えます。


8.自然光の利用

平屋の住宅は、屋根に窓や天窓を設けることで自然光を豊富に取り入れることができます。
これにより、昼間は電灯をつける必要が少なく、室内が明るく開放的な雰囲気となります。
自然光の利用は生活の品質を向上させます。


9.プライバシーと静寂

平屋の住宅は、隣接する建物からの視線が少なく、プライバシーが守られやすいという利点があります。
また、階段や2階からの床の振動がないため、静かな居住環境を実現し、家庭内の安らぎや集中力を高めることにも繋がります。



【平屋のデメリット8つ】

1.敷地面積の必要性

平屋は一つの階に生活スペースが集約されているため、同じ広さの敷地を持つ二階建て住宅と比べて、敷地面積が広く必要です。
特に都市部や土地が高騰している地域では、広大な敷地を確保することが難しい場合があります。
そのため、土地代が高い地域では平屋を建てるコストが高くつく可能性があります。


2.建物のスペース制約

平屋は一つの階にすべての生活スペースを配置するため、スペースに制約が生じることがあります。
特に大家族や多くの部屋が必要な場合、平屋の住宅では必要なスペースを確保しにくいことがあります。
また、収納スペースやゲストルームの確保も難しい場合があります。


3.プライバシーの制約

平屋の住宅は、2階建ての住宅に比べ、窓や庭が通りから見えやすい配置となっています。
これにより、プライバシーが制約されることがあります。
特に住宅が密集した地域で、隣近所からの視線を気にする必要がある場合、プライバシーの確保が難しいことがあります。


4.土地の傾斜に対する適応性

平屋は平坦な地域に適していますが、傾斜のある土地に建てる場合、地形に合わせた調整が必要となります。
土地を切り崩して平坦にするか、高低差を利用した設計が必要となり、追加の工事やコストが発生する可能性があります。


5.少ない庭のスペース

平屋は建物が広がるため、敷地の面積によっては庭のスペースが限られることがあります。
庭を大切にしたい場合や、ガーデニングを楽しみたい場合、広い庭を確保できないことがデメリットになります。


6.建築コスト

平屋の建築コストは、二階建ての住宅と比較して高くなることがあります。
一つの階に広いスペースを配置するため、建物の基礎や屋根、外壁などの部材に大きな負担がかかり、建築費用が増加することがあります。
特に高品質な材料やデザインを選ぶ場合、コストが高騰することが考えられます。


7.居住環境への影響

平屋の住宅は周囲の景観に大きな影響を与えることがあります。
高層建築や他の建物に比べて目立つことがあるため、地域の景観や風景に適合するデザインを検討する必要があり、周囲の環境や街並みに対する配慮が必要です。


8.将来の拡張性の制約

平屋の住宅は一階にすべての生活スペースが配置されているため、将来的な拡張性に制約が生じることがあります。新たな部屋やスペースを追加する場合、土地の広さや建物の構造に制約が出ることがありますので、将来のニーズを考慮し、計画することも重要です。


【まとめ】

このようなメリットとデメリットを踏まえた上で、平屋を選択するかどうかを決定する際には、以下のポイントを考慮することが大切です。


1.個々のニーズと優先順位

家族構成やライフスタイル、予算、将来の計画に合わせて、メリットとデメリットの重要度を評価しましょう。
例えば、高齢者が多い家族ならアクセシビリティが重要かもしれませんし、広い庭でガーデニングを楽しむ予定なら庭のスペースが優先されるでしょう。


2.地域や土地条件

住む地域の土地事情や地形に合わせた設計が必要です。
土地の広さや形状、占有率制限、地盤の状態などを確認しましょう。
また、地域社会の規制や景観に適合するデザインを検討しましょう。


3.予算と建設コスト

建設コストを予算内で抑えるために、平屋を選択する場合は設計や材料の選択に注意が必要です。
建築家や設計士と協力して、コストパフォーマンスの良いプランを検討しましょう。


4.プロの助言と計画

平屋の建設においては、プロの建築家や設計士のアドバイスが非常に重要です。
ニーズに合わせた最適な設計を提供し、デメリットを最小限に抑えるお手伝いをしてくれます。



最終的に、平屋を選択するかどうかは個々の状況や好みに依存します。
メリットとデメリットを検討し、家族の幸せと将来の快適な生活を優先するために、慎重な計画が必要です。
家づくりを始める前に、さまざまな視点での計画と、プロの設計士への相談をお勧めします。



***

【1ヵ月限定の完成見学会開催中!】詳細はこちら

◇福山建築のInstagram随時更新中!

◆福山建築のイベント情報はこちら

◆福山建築の施工事例はこちら

◆家づくりで後悔をしたくない方必見!家づくりセミナーに関する情報はこちら

◆家づくりに関するご相談はこちら

◆リフォームをお考えの方はこちら

◆とっとり健康省エネ住宅「NE-ST」についてはこちら

◆とっとり健康省エネ改修住宅「Re NE-ST」についてはこちら

«

Other Blog

『第7回日本エコハウス大賞』表彰式に参加しました!

2023/11/27

【住宅コラム】住宅ローンのメリットと家を建てる際の資金計画のコツ

2023/11/20

『免疫力と温泉』

2023/11/18

私のランチめし

2023/11/11

感動したハンバーグのお店。京都『挽肉と米』

2023/11/9

【住宅コラム】平屋を選択するメリットデメリット

2023/11/8

Event

イベント

福山建築ではこれから家を建てようとしている人、
リフォームしようとしている人に向けて様々なイベントを行っています。

イベント情報一覧

完成見学会: 湯梨浜町◆NE-ST T-G2認定◆

Days

【2日間限定開催!】12/16(土)・12/17(日)

10:00~18:00

Place

鳥取県東伯郡湯梨浜町
※詳しい住所はご予約後にお知らせいたします。

Reserve

完全予約制│1日10組様限定

完成見学会: 湯梨浜町はわい温泉◆NE-ST T-G2認定◆

Days

【1ヵ月限定開催!】10/28(土)~11/23(木)

10:00~17:30

Place

鳥取県湯梨浜町はわい温泉
※詳しい住所はご予約後にお知らせいたします。

Reserve

完全予約制│見学ご希望の方は、前日までに下記予約フォームまたはお電話(0858-27-0112)にてご予約ください。

Free Meeting

無料相談会開催中

家づくりのプロが家づくりのさまざまな不安や疑問に豊富な資料を用いて丁寧にお答えします。小さな子供がいるので出かけにくい、弊社のショールームまで遠いなど、ご自宅でゆっくりとご家族も同席で面談したい方にはオンライン個別相談も併催しています。お気軽にご相談ください。

Reform

リフォームの相談も受付中

光熱費の高騰をなんとかしたい、夏は暑く冬は寒い、エアコンの効きが悪い、家族構成が変わり間取りを変更したい、お風呂やキッチンなど水回りを新しくしたい・・など、現在の住まいでお困りのことはありませんか?福山建築では、リフォームの相談も受け付けています。まずはお気軽にご相談ください。