倉吉市・鳥取市の福山建築が次世代省エネ基準の「BELS」「ZEH」についてご説明します。

mail

MENU

BELS・ZEH

BELS · ZEH of Fukuyama architecture福山建築のBELS・ZEH

高断熱・高気密設計にこだわった高性能住宅を手がけるBELS工務店の「福山建築」では、国が定める2つの省エネ基準「BELS」と「ZEH」を大幅にクリアすること、すべての新築一戸建てでこれを実現することを目標に掲げています。
ここでは、この「BELS」と「ZEH」という省エネ基準の考え方についてわかりやすくご説明します。

鳥取県を中心に、省エネ性能に優れた次世代の住宅を建てられるなら、ぜひ、BELS工務店の「福山建築」にご相談ください。

BELS(ベルス)とは?

住宅にも「燃費」がある

車を選ぶ基準の一つに「燃費」性能があります。購入後のランニングコストに大きく影響する要素だけに誰もが重視するポイントですが、住宅には長らく同じような指標が存在しませんでした。
しかし、高気密・高断熱対策が徹底した家とそうでない家とでは、毎月にかかる光熱費に大きな違いが生じることは明らか。これが年単位、さらに長いスパンで考えると途方もないコスト差になって返ってきます。

住宅の燃費=省エネ性能を5段階評価する国の制度「BELS」

住宅の燃費=省エネ性能を5段階評価する国の制度「BELS」

こうした事情を背景に2016年4月1日から建築物省エネ法に基づく「建築物省エネルギー性能表示制度」がスタートしました。
それが別名「BELS」(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)で、省エネ性能が高い建物や省エネに積極的に取り組む企業を評価・表示することを目的としています、なお、BELSは、ミシュランのように星の数で省エネ性能を表し、5つ星が最高評価となります。
なお、国の省エネ基準と同等の性能を達している場合は二つ星で評価が表され、それより★の数が多くなるほど高評価、一つ星では国の省エネ基準を満たしていないことになります。

★★★★★ 国の省エネ基準に比べ20%以上省エネ
★★★★ 国の省エネ基準に比べ15%以上省エネ
★★★ 国の省エネ基準に比べ10%以上省エネ
★★ 1.0(省エネ基準)
国の省エネ基準に比べ10%未満
評価・表示される性能

評価・表示される性能

建築物の消費性能を示すBELSは、主に下記の性能に着目した評価です。

①外皮性能
外皮とは住宅の室内と外気が熱的に境界される部分のことです。 具体的には断熱材が入っている壁・床・天井や窓のことを指し、そこから熱がどれくらい逃げていくのかを計算することで性能を数量化することができます。

②一次エネルギー消費量
火力・水力・太陽光など、自然から得られるエネルギーのことを「一次エネルギー」(電気やガスなど利用しやすく加工したものが二次エネルギー)と言い、BELSの一次エネルギー消費量は、給湯設備、暖房設備、冷房設備、換気設備、照明設備が消費するエネルギーを合算して算出します。なお、家電などその他のエネルギー消費は含まれません。

福山建築のBELS工務店としての実績と計画

福山建設では2017年に手がけた新築一戸建て(注文住宅)15棟すべてがBELS基準を満たしています。

年度 2017年 2018年 2019年 2020年
計画(BELS取得割合) 100% 100% 100% 100%
実績(住宅年度完工棟数) 15 10
実績(BELS取得住宅戸数) 15 10
実績(BELS取得割合) 100% 100%
2017年
計画(BELS取得割合) 100%
実績(住宅年度完工棟数) 15
実績(BELS取得住宅戸数) 15
実績(BELS取得割合) 100%
2018年
計画(BELS取得割合) 100%
実績(住宅年度完工棟数) 10
実績(BELS取得住宅戸数) 10
実績(BELS取得割合) 100%
2019年
計画(BELS取得割合) 100%
実績(住宅年度完工棟数)
実績(BELS取得住宅戸数)
実績(BELS取得割合)
2020年
計画(BELS取得割合) 100%
実績(住宅年度完工棟数)
実績(BELS取得住宅戸数)
実績(BELS取得割合)

ZEH(ゼッチ)について

年間の一次消費エネルギーを実質ゼロにする住宅「ZEH」

評価・表示される性能

「ZEH」(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、建物の断熱性・省エネ性能を上げることに加え、太陽光発電などでエネルギーをつくり出すことで、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指しています。使うエネルギーを省エネと創エネで相殺する家とも言えます。

2020年までに標準的な新築住宅での普及を目指す

2020年までに標準的な新築住宅での普及を目指す

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的課題となっている昨今ですが、わが国でも住宅の省エネ対策は最重要課題として位置付けられています。ZEHも、またこうした背景から生まれた政策。
なお、経済産業省では、東京五輪が開催される2020年までに標準的な新築住宅での普及を目指しています。

太陽光発電の導入が難しい住宅には「Nearly ZEH」(ニアリーゼッチ)基準も

太陽光発電の導入が難しい住宅には「Nearly ZEH」(ニアリーゼッチ)基準も

ただ、省エネと創エネで消費エネルギーをゼロにすることは理想ですが、住宅によっては土地が狭いといった理由で太陽光発電を導入できない場合があります。こうした住宅のために「Nearly ZEH」(ニアリーゼッチ)=ゼッチに近い基準も設けられています。

ZEH実現のために

ZEH実現のために

一次消費エネルギーを実質ゼロにするためには
①住宅の断熱性能向上
②省エネ性能に優れた空調、家電、照明の使用
③太陽光発電による創エネと、これらの条件を整える必要があります。

①断熱性能向上

断熱性に優れた家とは、外気温に室温が左右されにくい住まいのこと。高気密・高断熱構造でエネルギーロスを最小限に抑えることで住まいの快適性と省エネ性が格段に向上します。

➁機器・照明の省エネ化

省エネ性能に優れた空調設備、LED照明の導入などを積極的に図る一方で、日差しの取り入れ方、外気の取り入れ方、遮断の仕方を工夫することで、機器・照明の稼働率を下げ、光熱費を下げることができます。

太陽光発電による創エネ

一般住宅用の創エネシステムとしてもっとも有効なのは太陽光発電。さらに、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システム「HEMS」(ヘムス)=Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)を導入すれば、一層の省エネ効果を実現できます。

福山建築のZEH普及目標値

福山建築では2020年に新築・注文住宅の70%をZEH仕様とする目標を立てていましたが、2016年度・2017年度にはすでに達成済みとなっています。

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 41% 50% 58% 64% 70%
実績 77% 74% 60%
2016年度
目標 41% 実績 77%
2017年度
目標 50% 実績 77%
2018年度
目標 60% 実績
2019年度
目標 64% 実績
2020年度
目標 70% 実績

福山建築のZEH普及目標と実績はこちらから

将来を見据えた資金計画や土地の選び方、完成見学会など、実際に「体験」してから、家を決められる方がほとんどです。
「ちょっと気になる」なら是非ご連絡ください!

ご相談・イベントへの参加ご希望・ショールーム見学は↓から

CLICK HERE

Copyright © 福山建築. All Rights Reserved.